読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の夕食はハンバーグでした

今日の夕食はハンバーグでした

「はじめに」でセット番号の法則を書こうと言っていたのに二回目でさっぱり書いていないという事実に気づいたので今回はそれについて書こうと思います。ちなみに、親にブログ見つかってしまったのでついでに感想を聞いたところ「支離滅裂」というありがたい感想をいただきました。何ででしょうかねぇ…。

 

セット番号の法則っていっても実はそんなに大したものはないんですよ。実は最初に紹介した上りが「XXX」ならその下りの系統は「XXX+1」となるってのが一番強力な法則なんですね。それだとこの時点で書くことが終わってしまう。水増しのために何か書く必要がある。

 

今日コンビニでグミとクーリッシュのバニラを購入したら金額が334円だったのです。あと一円少なければゾロ目だったのにとちょっとがっかりしました。決して嬉しい気分になったりはしてないですよ。嘘ですどこからともなくチーンという音が聞こえてきました。幻聴が聞こえてくるとは相当病が進行していますね。ということでお酒飲んで治療しちゃいます。

 

因みにセット番号で334で導くことができる系統はたぶん存在しません。333は800系統なのでS801系統がもし存在していたらセット番号334と結びついたかもしれませんね。801系統って響きだけでヤバそうなものを感じますね。気のせいです。もにわひらにそういう知識は備わってないです。誰かC++あたりを使って僕に教えてくれる人を募集してます。ハローワークの求人募集のところから応募してね。

 

 風呂入ってきて再度ウォッカ煽りながら執筆の続き。ENDOチェーンの中にあるおっぺしゃんというラーメン屋に行ったときに、二次元のかわいい子ちゃんの看板があったんですが、乳がでか杉の崎公会堂前って感じだってんですよ。でかすぎるって言ってるのに中型乗入れ運用という微妙な言い回新寺二丁目って感じですね。どうせならリエッセくらいの方が好みなんですよね、南光台コミュニティくらいの大きさがいいのですね。

 

南光台循環のセット番号は4桁です。通常系統で4桁のセット番号なのは現在この系統くらいです、たぶん。基本的にセット番号は3桁で、迂回系統はそれに4桁目に番号を添える形です。4桁目は添えるだけなんですね。なんでそんなことを一般人たる君が知っているのかと聞かれると答えに困る、困るほどの事はない。単に降車するときに自然と目に入ったのを覚えていただけです。記憶力があるならまともな文章をかけと言われそうですね、無理ですね。わたくしのDDR-SDRAM(一時記憶メモリの事)のチップは30年ほど前にすでに焼き切れています。焦げ臭いです。

 

なぜ、迂回系統などに魅かれるのであろうか?それは「一種の束縛からの解放」を味わうことができるからであろう。一般的に運行管理者が自分の管轄の営業所所属のバスが運行指示通り運行しているかを監視するシステムが存在する。仙台市営バスにも存在している。入札仕様書を見れば一目瞭然である。探してみてね。

  

バスは運行指示通りのルートを、決められた時間に(早発しないようにといった方がより正解に近いか?)通過することが求められている。利用客はこれによって安心して時刻表を信用することができるわけである。しかし、迂回系統設定時はそこ管理下から解放される。西道路通行止めのときの八幡町迂回のときが最も最たる例であるが、明らかにバス停の掲示の運行から外れた運行になる。「この時間に走る、このバスは、このルートを通る」という束縛からほんの少しばかり解放され、一種の非日常を味わえる。ここに良さを感じる人は多い。

 

バスが定刻通り来ることに喜びを感じる反面、同じことばかり繰り返されることの単調性への飽きを感じるというアンビバレンスを持つ。それを打ち砕くのが迂回系統なのである。定禅寺通で実沢のバスとか見たらだれでも興奮するでしょでしょ!? ホントが嘘に変わる世界で(以下略)。ある意味バスがほんの少しばかり管理下から外れ非日常を帯びる瞬間に、私たちは喜びを覚える。

 

とかいう風に適当にこじつけたけど、結局めったに出ない幕が好きなだけです。希少なものに人間は価値を見出す。S曲線が左にシフトすれば価格(価値)が上がるのである。もし、希少でないものに自分なりの価値を見出すことが得意な人間は、人間のサガを克服した超人間かもしれない。そういう人はぜひ自分に自信を持ってください。心の底から応援します。

 

次は、私の好きな車両の一つS6128の馴れ初めとか書くかもしれない。では。